Dna タンパク質

タンパク質

Add: adydexy78 - Date: 2020-11-28 18:14:57 - Views: 2653 - Clicks: 253

染色体は、核酸という物質の一種であるDNAと、タンパク質で構成されています。 細胞膜は脂質でできていて、その中にタンパク質が埋め込まれて. dna タンパク質 DNA-タンパク質相互作用の検出方法には多くのin vitroおよびin vivo技術があり、現在使用されている方法の一部を以下に示す。 1. 一本鎖DNA結合タンパク質 DNAヘリカーゼの作用で生じた一本鎖DNAに結合して一本鎖の状態を安定化する。すなわち、再び二本鎖DNAに戻るのを防ぐとともに、ヘアピン構造のようなDNA合成の障害となる二次構造の形成も防ぐ。一本鎖DNAの塩基部分を覆ってしまうことなく強く結合するので、一本鎖DNA結合タンパク質が結合したDNAはDNA合成の鋳型として機能できる。 4. 電気泳動移動度シフトアッセイは広範なサンプルに対して利用できる。 2.

0 の間であることが推奨されている (7)。. dnaの情報を基にタンパク質ができるという説明をしましたが、 dnaからタンパク質が直接できるのではなく、rnaという遺伝子が仲介して、 dna⇒rna⇒タンパク質 の流れでタンパク質ができます。 dnaとrnaは似たようなもので、rnaもdnaと同じ文字列で表されます。. 従って、一本鎖または二本鎖DNAに対して特異的または非特異的な親和性を有する 。. 上記の説明は、原核生物/真核生物関係なく行われるDNA複製の概要である。原核生物と真核生物で概ね同じようにDNA複製は行われるが、詳細は色々と異なる。そこで、原核生物と真核生物の複製フォークでのDNA合成を比較してみよう。 RNAプライマーの合成は、原核生物ではDnaGプライマーゼが行い、それに続いてDNAポリメラーゼⅢがDNA合成を開始する。一方真核生物では、RNAプライマーの合成はDNAポリメラーゼαにより行われる。DNAポリメラーゼαはプライマーゼと複合体を形成しており、このプライマーゼによりRNAプライマーが合成された後に、DNAポリメラーゼαが約30塩基のDNAを合成し、その後別のDNAポリメラーゼにスイッチして残りのDNAを合成する。 メインのDNA合成を行うのは、原核生物ではDNAポリメラーゼⅢがすべてを担当する。真核生物では、リーディング鎖とラギング鎖で異なるDNAポリメラーゼが担当すると考えられている。DNAポリメラーゼεは、スライディングクランプなどの補助因子なしでも高い伸長性をもつため、リーディング鎖の合成を担当する。DNAポリメラーゼδは、前方のDNA-RNA二本鎖部分を引き剝がしながら合成できることから、ラギング鎖の合成を担当する。 スライディングクランプは、原核生物ではDNAポリメラーゼⅢホロ酵素中のβサブユニットの二量体。真核生物では、PCNAの三量体である。二量体と三量体の違いはあるものの、どちらも似たようなリング上の構造を形成する。クランプローダーも、原核生物ではDNAポリメラーゼⅢホロ酵素中のγ複合体、真核生物ではRFCで、どちらも5つのサブユニットで構成される。. 今回は、dnaとrnaの構造と働きについて解説していく。 設計図であるdnaと、その設計図を基にタンパク質合成に関わるrnaは生物にとって重要な要素だ。 生物学に詳しいライターyamatoと一緒に解説していくぞ。 この記事の目次 dnaとrnaの構造 1. .

核内にあるDNAの正式名称は、デオキシリボ核酸とよばれます。4つの「ヌクレオチド」が鎖状につながった、ヒモ状の形をしています。ヌクレオチドの糖とリン酸が交互に結合してできる鎖が2本、塩基を向かい合わせにしてより合わさり、ねじれたらせん構造をしています(図2、図3)。 図2核 図3DNAとは 細くて長いDNAは、からまったり切れたりしないように、ヒストンというタンパク質に巻きついています。いくつものヒストンに巻きついたDNAが連なって、真珠のネックレスのような構造をつくり、それが幾重にも規則的に折りたたまれ、染色体とよばれる太い構造をつくります。ヒストンとういうアルカリ性のタンパク質によって酸性の核酸が中和されます。 図4DNAの基本構造 DNAは、塩基(A:アデニン、T:チミン、C:シトシン、G:グアニン)と糖、リン酸から構成される。ヌクレオチドとはDNAの基本単位である。AとT、CとGは必ず対となり、水素によって結合している。. タンパク質は生命活動を維持する役割を持っています。いわば生命活動の主役です。RNAの遺伝情報によってアミノ酸をつなぎ合わされて作られます。生命維持に関わる化学反応を進めたり、体の材料になったりしています。 タンパク質が関わる生命活動は、消化、呼吸、運動、思考などなど. . この 遺伝情報の一方向的な流れを、生物の基本的法則性として、「セントラルドグマ」 と呼びます。. dnaはタンパク質をつくるための情報が組み込まれていますが、アミノ酸から構成されているものでもありません。 DNAは塩基と糖とリン酸が結合したヌクレオチドによって組み立てられています。. DNA結合タンパク質はDNA上でのタンパク質渋滞をすり抜けて移動できる 年11月17日 14:00 | プレスリリース・研究成果.

とくにf・ジャコブとj・l・モノーは、1960年に発表したオペロン説(遺伝子が発現してタンパク質の合成が調節される仕組みを統一的に示した)の当然の帰結として、タンパク質の合成にはdnaの情報をコピー(複製)した寿命の短いrnaが中間体として存在する. 8、RNA なら 2. A260/280 比とは、260 nm 吸光度および 280 nm 吸光度の比であり、一般に 核酸 nucleic acid の純度の指標 として使われる値である (2)。A260/A280のように書かれる場合もある。 波長 260 nm の光は核酸に、280 nm の光はタンパク質 proteinによく吸収される (2)。したがって、その比である A260/280 の値が大きいほど溶液中にタンパク質がコンタミしていない含まれていないこと、つまり純度の高い核酸溶液であることを示す。 一般に、DNA なら 1. 8 以上、RNA なら 2. All kits include + geographic regions, trait reports & automatic Family Tree. タンパク質とDNAの相互作用は、緩衝液のイオン強度、高分子の混雑、温度、pH、電場などの刺激を与えることで調節することができる。これにより、タンパク質-DNA複合体の可逆的な解離/結合を得ることができる 。. 0 で "pure"な核酸溶液であるとされている (2)。PCR に用いる場合は、A260/A280 dna タンパク質 比は 1. 各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。 禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです).

DNA結合タンパク質 とはDNA結合ドメインを有するタンパク質である。. タンパク質とDNAの相互作用を非常に詳細に画像化するために、 X線結晶構造解析を使用した構造決定がされている。. セントラルドグマの「セントラル」は中心と言う意味で、「ドグマ」とは、宗教における「教義(その宗教の考え方をまとめたもの)」と言う意味です. DNA複製は複製起点で始まり、そこから両方向にDNA合成が進行していく。このDNA合成を最先端で行っている現場が、複製フォークである。この複製フォークでは、どのような因子がどのように役割分担してDNA合成が行われているか、ここで説明していこう。要点は、右の表にまとめてある。ここでは、原核生物と真核生物の区別なく、共通にはたらく因子の概要のみ示している。 1. DNAの抽出実験で、生物試料から純度の高いDNAをできるだけ大量に得るにはどうしたら、良いのですか?また、混入しているRNAやタンパク質を除くにはどのような事をすれば良いのでしょうか? 中学、高校、大学. RNAはDNAの親戚のような物質です。正式名称はリボ核酸(Ribonucleic acid)。DNAの正式名称から「デオキシ」がなくなっただけですね。RNAも遺伝情報を持つことができる物質です。情報の表現の仕方もDNA同様4種類のパーツの並び方を使っています。 RNAは3種類あります。それぞれ働きが違います。 DNAと同じく遺伝子の情報を運ぶという役割をになっているのはmRNAと呼ばれるものです。DNAと違い、mRNAは一時的にしか遺伝子の情報を持ちません。役割を果たしたmRNAはすぐに分解されてしまいます。情報を使いたい時に一時的に書き写すメモのような感じです。 2種類目のRNAは、rRNAというリボソームを構成するRNAです(rRNAのrはリボソームのrです)。リボソームはrRNAとタンパク質からなる物質でmRNAの情報を元にアミノ酸をつなぎ合わせ、タンパク質を作ります。リボソームはタンパク質の工場と言えます。 3種類最後のRNAであるtRNAもタンパク質を作ることに関わります。tRNAはリボソームにアミノ酸を運んでくる役割を持ったRNAです(運搬を意味するtransferのtです)。 *物質としてDNAと違うところは構成している糖の種類と塩基の種類です。DNAを構成している糖から酸素原子が1つなくなったものがRNAで使っている糖です。RNAの塩基はほぼDNAと同じですが、チミン(T)はなく、その代わりにウラシル(U)があります。 *基本的には一本の鎖で存在します。 *ウイルスの中にはRNAを遺伝情報の保管用に使っているものもいます。. 。どこでの実験でしょうか?また、サンプルや実験方法はどのようなもの.

細胞の中では、DNAの持っている遺伝情報をmRNAに書き写して(転写)、mRNAの情報を元にアミノ酸をつなげてタンパク質を作っています(翻訳)。この過程をセントラルドグマと言います。なんとなくカッコいい言葉ですね。日本語に無理やり訳すと中心教義で、中心となっている宗教の教えや絶対的な概念というような意味になります。 セントラルドグマは文字通り生物を作り上げている物質たちの基本概念です。DNA→RNA→タンパク質という情報の流れは基本的には一方向です。セントラルドグマは、DNAの変化が生命活動に大きく関わるタンパク質を変える可能性があることを示しています。だから遺伝情報を保管しているDNAはとっても大切な物質なのですね。 *実はセントラルドグマは絶対的ではなくなりました。なぜならRNAからDNAを作るという現象(逆転写)が発見されたからです。DNA⇄RNA→タンパク質という概念が現在の生物学では主流です。. See full list on ultrabem. DNAはタンパク質をつくる設計図? 遺伝子のdna はタンパク質をつくる設計図と考えられ、そこにはアミノ酸の種類、数、配列、立体構造などタンパク質合成に必要な情報がすべてつまっています。 dnaは細胞核内の染色体にあり、縄ばしごがよじれたような. ラギング鎖のDNA合成が隣接するラギング鎖に到達するとDNA合成は終了だが、ではどのように終了するのだろうか。 まずは原核生物を例に説明しよう。DNAポリメラーゼⅢによるDNA合成が隣接するラギング鎖に到達すると、役目を終えて離れてしまう。ここで、RNAプライマーを除去するために、DNA-RNAハイブリッド中のRNAを分解するRNaseHがRNAプライマーを分解する。しかし、RNaseHはDNAに結合した最後のRNAヌクレオチドは分解できない。そこで、DNAポリメラーゼⅠがその5’→3’エキソヌクレアーゼ活性により、前方の岡崎フラグメントをある程度削り込みながら、DNAを合成していく。そして最後は、DNAリガーゼが2つの岡崎フラグメントを連結する。 真核生物では、ラギング鎖の合成はDNAポリメラーゼδが行う。しかし、DNAポリメラーゼδには5’→3’エキソヌクレアーゼ活性がないので、原核生物とは異なる方法でRNAプライマーの除去を行う。DNAポリメラーゼδが隣接するラギング鎖に到達すると、前方のRNAプライマーを引き剝がしながらDNA合成を継続する。DNAポリメラーゼαは3’→5’エキソヌクレアーゼ活性(校正機能)をもたないため、RNAプライマーに続く領域のDNA合成も決して正確ではない。そこで、DNAポリメラーゼδはDNAポリメラーゼαによって合成された領域も一気に引き剝がし、この引き剥がされた鎖をDna2エンドヌクレアーゼやFEN1などのヌクレアーゼが切断・除去し、最後はDNAリガーゼが2つの岡崎フラグメントを連結する。. com has been visited by 10K+ users in the past month. DNA合成を行うDNAポリメラーゼにもいろいろあるが、下の表に生物がもつ主要なDNAポリメラーゼをリストアップした。この中でDNA複製に関与するのは、原核生物ではDNAポリメラーゼIとIII、真核生物ではDNAポリメラーゼα, δ, εである。 DNAポリメラーゼの構造は、よく右手に例えられる。この右手を開いたり閉じたりしながら、DNAを合成していく。実は、DNAポリメラーゼはDNAを合成するだけではなく、上の表にもあるようにDNAを端から削るエキソヌクレアーゼ活性ももつ。とくに多くのポリメラーゼがもつ3’→5’エキソヌクレアーゼ活性がDNAポリメラーゼによる正確な合成に重要となる。 DNAポリメラーゼの3’→5’エキソヌクレアーゼ活性は、校正機能を担う。通常は合成部位の5’→3’ポリメラーゼ活性により鋳型と相補的なヌクレオチドを取り込んでいくが、105塩基に一回くらいの頻度で取り込みミスを犯す。誤ったヌクレオチドの取り込みによって3’末端が適切に塩基対を形成できてない状態では、DNAポリメラーゼは次のヌクレオチドを付加できない。そこで、編集部位の3’→5’エキソヌクレアーゼ活性により誤った塩基を端から削り、ミスのなくなった(3’末端が塩基対を形成している)ところで再び合成部位でのDNA合成を始める。こうした校正機能により、DNA合成の正確性は100倍上昇する。 原核生物のDNAポリメラーゼIのみがもつ5’→3’エキソヌクレアーゼ活性は、DNA合成の終了に関与するが、これはこのページの最後に説明したい。.

転写 とは、核内にあるdna(タンパク質の設計図)がコピーされ、 mrna (伝令rna)がつくられる過程 です。 dnaの収められている設計図がコピーされて、いよいよタンパク質づくりがスタートします。. dna上には多数の遺伝子が存在するので、1つのdna分子上には複数のタンパク質を指令する領域が存在するということになる。 タンパク質のアミノ酸配列を指令している部分は、 構造遺伝子 とよばれる。. DNAは一番よく聞く生物用語だと思います。正式名称はデオキシリボ核酸(Deoxyribonucleic acid)この物質は遺伝子の情報を保管している重要な物質です。DNAはたくさんの小さなパーツ(ヌクレオチド)がつながってできた物質です。たくさんの小さなパーツ(ヌクレオチド)は4種類あります。この4種類のパーツをうまく並べることで遺伝子の情報を表現しています。 *ヌクレオチドは塩基、糖、リン酸からなる物質です。 *普段は染色体のなかで二本のDNAの鎖(くさり)が結合して、らせん状になっています。 *4種類ヌクレオチドの違いは、ヌクレオチドに含まれる塩基の違いです。DNAの塩基にはアデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)があります。 *遺伝子の情報をどうやって記録しているかは下の記事で解説しています。. 遺伝子に記録されたアミノ酸の配列情報は、とても貴重で大切なもの。ですから、核外への持ち出しは禁止です。そこで活躍するのがコピー機能です。細胞の中にコピー機なんてあるのかって? それが、ちゃんとあるんです。 遺伝子の情報はまず、DNAにとてもよく似た構造のRNA(リボ核酸)に写されます。これをコピーならぬ、転写といいます(図7)。DNAが原本だとしたら、RNAはそのコピーになるわけです。 RNAはリボソームに結合して、写し取った遺伝子情報を伝えます。こうした「伝える役割」をするRNAをとくに、メッセンジャーRNA(mRNA)とよんでいます。 mRNAからの情報がリボソームに届くと、材料となるアミノ酸を集める作業がスタートします。このとき、必要なアミノ酸をリボソームまで運んでくるのもRNAです。こうした運搬役のRNAは、トランスファーRNA(tRNA)とよばれています。 1つのtRNAは、1種類のアミノ酸しか運べません。ということで、たくさんの種類のアミノ酸を運ぶためには、たくさんの種類のtRNAが必要です。タンパク質をつくるのに必要なアミノ酸は20種類ありますから、それを運ぶtRNAも20種類です。tRNAは、mRNAに写し取った情報を読み取り、20種類のアミノ酸のなかから、指示どおりのアミノ酸を運んできます。この作業を生理学では翻訳といいます(図8)。 こうして、転写から翻訳へと作業が進み、必要なアミノ酸がすべて揃ったところで合成。つまり、アミノ酸を順番につなげてタンパク質をつくる作業へと進んでいきます。 図7転写 図8翻訳. See full list on kango-roo.

一方、環状dna(例:200〜400 bpの小サイズの環状dna)を使用した場合、タンパク質-dna複合体はフリーdnaより移動速度が速くなることがあります。 これは、電気泳動の際に、スーパーコイルDNAが、ニックDNAまたは直鎖状のDNAよりも速く移動する現象と似ています。. 配列特異的DNA結合タンパク質は一般に、 塩基対 を識別する 官能基 が比較的多いB-DNAの主溝と相互作用する。. 。ありとあらゆるところに関わります。少し例をあげてみましょう。ご飯に含まれるデンプンを分解するときにはアミラーゼというタンパク質がこの反応を助けます。ペプシンはお肉や魚に含まれるタンパク質を分解します。また髪の毛を作っているケラチンもタンパク質です。さらに体中に酸素を運んでいるヘモグロビンもタンパク質の1つです。タンパク質をあげるとキリがありません。タンパク質はたくさん存在し、その働きによって生命が維持されています。 *タンパク質を構成しているアミノ酸は20種類あります。20種類のアミノ酸はそれぞれ特徴が違い、タンパク質の構造や働きに関わっています。. プライマーゼ DNA合成のきっかけとなるプライマーを合成する。細胞内において、DNA複製に使われるプライマーは、約10ヌクレオチドのRNAである。転写を考えるとわかるが、RNA. Uncover Stories of Your Family&39;s Past and Find Relatives You Never Knew Existed. DNaseフットプリントアッセイは、DNAへ結合するためのタンパク質の結合部位を特定できる。 3.

上述のように、A260/280 比は DNA なら 1. See full list on wpedia. dna タンパク質 複製開始点を認識したdnaaタンパク質はdnaのらせんを巻き戻す。「巻き戻す」とは「塩基対をほどく」ということである。 その後、ヘリカーゼ(dnabタンパク質)が水素結合を切断し、dnaを巻き戻す。これらの酵素の働きによって、二本鎖dnaを一本鎖dna二本にする。. タンパク質―dna 複合体の立体構造が決定される 以前は,類縁種のdna 結合タンパク質の配列相同性 生物物理47(3),160-166() タンパク質のdna認識メカニズムと予測 皿井明倫 九州工業大学 河野秀俊 dna タンパク質 dna タンパク質 日本原子力研究開発機構/ 科学技術振興機構さきがけ.

0 以上が高純度とされる。つまり、DNA 濃度を測っているときに高い値が出れば、RNA がコンタミしている可能性もあるということである。. タンパク質の合成は、核内で行われる転写と、リボソームで行われる翻訳の2つの過程で成り立っています。 転写と翻訳. Affordable & Easy to use! ここまで、複製フォークで行なわれているDNA合成の分子メカニズムを説明してきたが、各因子はバラバラに役割分担をして機能を果たしているわけではない。DNAポリメラーゼにしても、リーディング鎖とラギング鎖でバラバラに逆方向にDNA合成を行っていたのでは、効率が悪いだろう。やはり、効率よくDNA複製を行うためには、これらの因子が近くに集まって協調的に進めるのがよいだろう。 そこで、下図のようにラギング鎖のDNAを折り返して、リーディング鎖のDNAポリメラーゼとラギング鎖のDNAポリメラーゼが複合体を形成し、同じ方向にDNA合成できるようにしていると考えられている。しかもこうすると、岡崎フラグメントのDNA合成を終えたときに、次に合成すべき岡崎フラグメントの合成開始部位(RNAプライマー)がすぐ近くに位置することになり、DNAポリメラーゼはスムーズに次のDNA合成に移ることができる。このようなモデルは、トロンボーンのスライド管のように伸び縮みすることからトロンボーンモデルとよばれる。. See full list on bio-megane.

DNAが身体の設計図といっても、そこには手足のサイズや、心臓や肝臓の場所といった、構造上の特徴が描かれているわけではありません。DNAに記録されているのは、身体に必要なタンパク質をつくるためのアミノ酸の配列方法。つまり、どのアミノ酸(全部で20種類ある)をどのように並べて、どんなタンパク質をつくるのかということだけです(図5)。 DNAのうち、このアミノ酸の配列情報が記録された部分を遺伝子といいます。人間の場合、全体で5万~10万ほどの遺伝子があり、1つの遺伝子がもつのは1つのタンパク質をつくる情報だけです。したがって、身体全体でつくれるタンパク質の数も、遺伝子の数に等しい、ということになります。 長いヒモ状になったDNAの上で、遺伝子は飛び飛びに存在しています。DNA全体に占める遺伝子の割合はそれほど多くなく、人間など哺乳類の場合、その比率は10%以下だといわれています。 図5アミノ酸の配列 タンパク質の合成には、核内において核酸の塩基配列がmRNAに転写される。その後、mRNAは核外に出て、リボソームと結合。その際、転写された塩基配列は3文字ずつ翻訳され、これをもとにtRNAがアミノ酸を運んでくる。この3文字をコドンとよび、組み合わせにより運ばれてくるアミノ酸が決まっている。1文字目がU、2文字目がC、3文字目がGの場合のアミノ酸はセリンである. 図9ゴルジ装置(ゴルジ体) 細胞には、発電所とゴミ処分場まである?|細胞ってなんだ(4) 本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。 [出典] 『解剖生理をおもしろく学ぶ 』 (編著)増田敦子/年1月刊行/ サイオ出版. 国立大学法人九州大学 国立研究開発法人日本医療研究開発機構. クロマチン免疫沈降は、既知の転写因子に結合するDNA断片の配列を特定するために使用される。この手法は、ハイスループットDNAシーケンシングと組み合わせた場合はChIP-Seqと呼ばれ、 マイクロアレイと組み合わせた場合はChIP-chipと呼ばれる。 4. DNA 上に他のDNA 結合タンパク 質がいない場合、DNA 結合タンパク質はDNA に沿って自由に移動できます。 しかし、細胞内では、様々なDNA 結合タンパク質がDNA に結合し、DNA 上で 渋滞が起こります。. brennerらはタンパク質を合成中の系において,沈降定数 70 sから100 s成分のリボソームに結合したrnaを発見し,マグネシウム濃度を低下させると沈降定数12 s.

Brands: MyHeritage, LivingDNA, Ancestry, Family Tree DNA 一方、このとき水層とフェノール層の分離をよくするのに、有機溶媒であるクロロホルムを加えています. タンパク質とDNAの相互作用は、タンパク質がDNAに結合する際に発生し、多くの場合、 DNAの生物学的機能、通常は遺伝子発現を調節する。転写因子はDNAモチーフおよびヒストンに結合することにより遺伝子発現を活性化または抑制する。また、ウラシルDNAグリコシラーゼなどのDNA修復を担うタンパク質は密接に相互作用する。 一般的に、タンパク質は主溝でDNAに結合するが、例外もある。DNA結合タンパク質は標的部位を認識するために、結合後に急速に再結合して自身の方向を修正する。. dna タンパク質 DNAヘリカーゼ DNAの二重らせんをほどいて一本鎖DNAにする酵素である。六量体でリング状の構造をとり、一本鎖DNAを取り囲むように結合する。6つのサブユニットが、ATPを加水分解しながら変形して元に戻る過程を順次繰り返しながらDNA鎖上を移動し、DNA二重らせんをほどいていく。DNA複製では、ラギング鎖の鋳型DNA上を5’→3’方向に移動し、DNA鎖をほどいていく。 2. よぉ、桜木健二だ。今回も「タンパク質」について学んでいこう。 第3回となるこの記事では、どのようにしてタンパク質がつくられるのかを解説するぞ。なお、この記事では真核生物のタンパク質合成の流れを紹介することを目的としている。更に詳細を知りたかったら、本文中に書かれて. このとき、dnaやタンパク質試料以外に、 分子量マーカー と呼ばれる分子量が既知のdna断片(複数の長さのdna断片が含まれている)も同時に電気泳動で流しますので、分子量マーカーの移動度と比較することによって未知試料の 分子量 も推定することができ. Discover your ancestry, find DNA dna タンパク質 matches and directly connect with relatives.

Dna タンパク質

email: [email protected] - phone:(970) 198-4354 x 8495

半蔵 ドラマ - ロケット

-> 浮気 嘘 見抜く
-> Michelle waterson

Dna タンパク質 -


Sitemap 2

第 2 肩 関節 -